2010年09月09日

材料が必要な時

金属材料が必要な時は、

山洞金物店のページで、

無料会員登録して、

見積り請求して、

進めてください。
posted by S+O at 15:50| 機械構造用炭素鋼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月06日

代引き販売しています


S25C黒皮丸棒





S45C黒皮丸棒





S45C調質材2848mm





S45C調質材50100mm





S45Cミガキ直径2mmから6.35mmまで





S45Cミガキ直径7mmから25mmまで





S45Cミガキ直径25.4mmから44.45mmまで





S45Cミガキ直径45mmから95mmまで






posted by S+O at 17:54| 機械構造用炭素鋼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月19日

S15Cの現実

S15Cは、見つけるのが難しい。
当店の対応できるのは、直径50mm以下の定尺6mの丸棒です。
直径50mm以上は、対応困難です。
探せと言われれば、探しますが、定尺6m販売になります。
定尺6mは、「重い、運べない、降ろせない。」の三重苦です。

また、切り売りは、しません。
切ったら最後、冬眠在庫、20年でしょうか?

ところで、S15CとS15CKが規格記号であります。
S15CKのKは、何でしょうか?
肌焼き用を表す記号なのでしょうか?
Kの意味は不明です。

2012年4月19日 追記
S15Cの丸棒は、直径13mmから300mmくらいまで、寸法切断できる鋼材屋が有ります。
S15Cが必要な時は、有料で紹介します。
「S15C 販売について」ページに従って、進めてください。

S15C 販売について
http://sandoh.net/salmen/nasiarim/s15c.html
posted by S+O at 12:47| Comment(2) | 機械構造用炭素鋼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月23日

STKM13A-SHと-SCの意味

STKM13Aは、鉄パイプです。
機械構造用炭素鋼鋼管と言う事で、旋盤で切削したり、色々と使われます。

ところで、パイプ表面には、色々と書いてあります。
○△鋼管、○○TUBE、等々。
たまたま、詳細に見ました。

パイプ表面に、STKM13A-SHと有りました。
STKM13Aを注文したつもりですが、-SHが付いています。
そこで、STKM13A-SHを調べました。

製造元の○△鋼管では、見つかりませんでした。
パイプ問屋のホームページを見ましたが、説明が見つかりませんでした。
そこで、JISっぽいので、JIS規格を見ました。

JIS規格の閲覧ページ
http://www.jisc.go.jp/app/pager?%23jps.JPSH0020D:JPSO0010:/JPS/JPSO0020.jsp=x0009

JISG3445 機械構造用炭素鋼鋼管の4、12,13ページに書いて有りました。

STKM13A-SH:熱間仕上継目無鋼管
STKM13A-SC:冷間仕上継目無鋼管

-SHと-SCの意味がわかりました。
-SHは、熱間という事は、黒皮じゃん。だから黒く塗ってあるのね。
-SCは、冷間という事は、ミガキじゃん。少し光っているのかな?

疑問が解消できて、すっきりした。
posted by S+O at 12:36| Comment(2) | 機械構造用炭素鋼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月31日

材質S45C Hで、何を販売しますか?

「材質S45C Hで、何を販売しますか?」と言う問合せメールが届きました。
その時の問い合わせ内容と、当店の回答です。

問合せ内容:
機械構造用鋼は良く使用しますが、図面で材質をS45C H(丸エッチ)として指定しますが、こう指定された材料は素材の時に
熱処理された物を入手する事になりますか?又は加工後熱処理して所定の材料強度を得ますか?素材の時に熱処理した場合に
厚肉の場合には内部まで熱処理効果が及ばない事が考えられます。それも考慮して設計しなければならないと言う事でしょうか?また、この熱処理(H)の意味は硬度が欲しい為焼きを入れる熱処理とは全く違う事と理解しておりますがそれで良いでしょうか?素人っぽい質問ですが宜しくご回答頂きます様お願いいたします。

回答
S45C Hの60mm丸が欲しいと、当店に問合せが来た時に、
Hの意味を聞きます。
人により、会社により、素材の呼び方が違います。
気にしない材料屋さんは、S45Cの焼きなまし状態の材料を販売します。

Hの意味の候補
1.焼入れ性を保障する材料
2.調質して有る材料
3.非調質鋼

流通在庫では、S45C、S45C調質材、S45C調質材相当の非調質鋼の3種類です。
1.の焼入れ性を保障する材料は、流通在庫には有りません。
2.の調質材は熱処理屋さんで黒皮素材を調質したものです。
3.の非調質鋼はメーカーで製造された物です。

S45C以降に記号を付けるときは、説明が必要です。
posted by S+O at 17:39| Comment(0) | 機械構造用炭素鋼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月04日

S35Cの素材

S35Cの素材が欲しいとの電話が入った。
サイズを聞くと、板っぽい形状です。
S35Cの板は手配が出来ない。
困った。

仕方がないので、S35Cの状況説明をしました。
「S35Cは、丸棒のみ手配が出来る」と伝えました。

結局、S35Cの120mm丸の切断品を販売しました。

手配出来るのは、丸は有るけれど、板はこれだけの世界です。
posted by S+O at 11:42| Comment(0) | 機械構造用炭素鋼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月01日

S25CとSS400

S25CとSS400、同じ様な、違うような。

ハガネ屋さんは、同等に考えています。
「焼入れが出来ないなら、同じ」とよく考えているようです。

しかし、切削すると違うようです。

さて、切削するなら、どちらを選択しますか?
posted by S+O at 14:36| Comment(0) | 機械構造用炭素鋼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月07日

S45Cのパイプ

S45C丸棒に穴開けてパイプ状にする時に、パイプを使います。
丸棒をドリルで穴開けるより、楽なのだそうです。

S45Cのパイプは、JISマークは付いているのだろうか?

不明は多いです。
posted by S+O at 12:53| Comment(0) | 機械構造用炭素鋼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月06日

JISのラベル

機械構造用炭素鋼にJISラベルが張ってある。
JIS規格で製造している印です。
JIS規格の製品は、JIS認定工場で製造した物です。
JIS認定工場を調べると、「そーなんだ」と納得できます。

S45Cも馬鹿には出来ません。JIS製品です。

SKD11のJIS製品は、有るのだろうか?
posted by S+O at 12:48| Comment(0) | 機械構造用炭素鋼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月04日

呼び方、呼ばれ方名称

「機械構造用炭素鋼を売ってください。」と言われても、困ります。
種類が有ります。
JISに掲載している規格が全てあるわけないので、注意しましょう。

一般的な名称
丸棒
主に黒皮:S25C、S45C
たまに黒皮:S15C、S35C、S48C、S50C
主にミガキ:S20C、S35C、S45C

平角棒
主に黒皮:S50C、S55Cノルマル
主にミガキ:S45C

平板
主に黒皮:S50C

パイプ
主に黒皮:STKM13A、STKM11A、S45Cパイプ
たまにミガキ:STKM13A
posted by S+O at 12:56| Comment(0) | 機械構造用炭素鋼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。